ぐるぽよどっとこむ

ゲーマー社会人の雑記帳です。いろいろ書きます。

【仮面ライダーゼロワン】お仕事は情熱をもって楽しく!第5話感想

スポンサーリンク

ゼロワン第5話、面白かったけどお仕事してる身としてはいろいろと思うところがありました

今週も感想を述べていきます

 

前回

www.gurupoyo.com

 

仕事に対する価値観

今回のゲストは累計1億部を誇る漫画「パフューマン剣」の作者、石墨超一郎です

f:id:gurupoyo:20190929151848j:plain

タイトルに聞き覚えがありすぎる

 

1億部ってワンピクラス(ワンピはもっと上かも)なので、家も立派な豪邸です。日本にケモナーが多すぎないか?(偏見)

 

しかし実態はアシスタントヒューマギアが作画、編集担当がシナリオを担当しているので、石墨本人は監修的な立場となっていました

幼いころから石墨の漫画を読んで育ったという或人は現実を知ってしまい、かつての情熱を胸に漫画を描いていた先生はどこへ・・・と幻滅します

 

或人の仕事に対する価値観は「情熱をもって楽しく」であることが第5話から読み取れます

でもこれ、社会人のみなさんは大半がモヤモヤしたのではないでしょうか?

確かに「情熱をもって楽しく」できる仕事に就ければ人生楽しくなります。でも実際にはそんな仕事に就けている人なんてほんの一部しかいません

「仕事なんてやめたい、働かなくても生きていけるならそれでいい」

私はそういうマインドの持ち主なので第5話の或人の行動(情熱を取り戻してもらうために発注を止める)は幼稚だなと思ったし、共感することはできませんでした

 

でも或人ってまだ社会人なりたてで、そもそも人々を笑顔にしたいなんて眩しすぎる理由でお笑い芸人を目指していた男ですから。とりあえずこの仕事ならできそうなんて理由でなんとなく仕事してる私とは価値観が交わらないのです

そして子供向け番組(一応)である以上、将来仕事に就く子供たちには仕事は素晴らしい、楽しいものだと教えてあげる必要があるのです

 

モヤモヤはしたけど、子供と大人で受け取り方が180度変わってしまう今回のテーマは面白いなって思いました

仕事に充実してる大人は知らん!帰れ!

 

或人の行動に苦言を呈する福添副社長一派はすごく現実的ですね

いい対比になっていると思います

 

ヒューマギアの発注

ヒューマギアの発注はSクラス、Aクラス、おまかせの3プランあり、Sクラスについては容姿が選択できるようです。ダッチワイフつくるな

 

或人とイズが徒歩で段ボール運んでたのは既に石墨邸の敷地内っぽかったです。さすがにあれをずっと徒歩でってわけにはいかないでしょう

ヒューマギアの普及率を考えると1件1件社長が回るのは効率が悪すぎるので、何件かピックアップしてまわってるのかな。寿司屋は新規だし漫画家はお得意様だから基準が謎ですが・・・

 

 

大衆のヒューマギアに対する価値観はやっぱり「道具」が一般的なんでしょうか?

アシスタントの1体が途中倒れてしまいましたが、石墨は「バッテリー交換して、道具でしょ?」みたいなスタンスでした

自分たちと似たような姿だと邪険にできないような気がするんですけど、現実の人型ロボットといえばASIMOやペッパーくんみたいなロボットです!っていうフォルムなので、ここらへんの感覚は難しいですね

 

今週のバトルシーン

今週はアシスタントの1体がビカリアマギアとして覚醒、その後いつものアレでアシスタントが全員マギア化しました

今までマギア化するとき「私の使命は・・・」って抵抗してたのに、今週は抵抗してなかったのは主人からの扱いが荒いからなのかな・・・とかちょっと邪推してみたり。実際は毎回やるとくどいからだと思いますが

 

不破さん今週も無理やりキーこじ開けてたんですけど、唯阿さんもはやわざとやってません?どう考えても許可だしていい状況でしょう!一発芸みたいになってるよ!

今回は新武器アタッシュショットガンのテストも兼ねた戦闘です。初めて渡されてモタモタしてるところに唯阿さん「遅い!!!」の一喝・・・・この人氷川さんと組んだら卒倒しそう。バンゴウガチガイマス

ウルフでは反動に耐えられず後ろへ飛ばされてしまいましたが、コングを利用することで制御に成功しました。ゴリラとはいえ早稲田出身は伊達じゃないようです

それにしても唯阿さんは不破さんの扱いが荒いなあ、こういう関係はいいですね。視聴してる身としては一番面白い組み合わせです

 

後半の変身は石墨邸の屋内でしたが、バッタくんもファルコンくんも迷惑極まりなさ過ぎる・・・これほんと欠陥システムでしょ!

新フォームフレイミングタイガーはガッツリ火属性のフォームです

横で炙れ炙れって煽ってる不破さんがちょっと面白すぎた

新技はフレイミングインパクト。火の輪をくぐるトラ。サーカスかなにか?

トラモチーフなので決めポーズがに似ていました。こっちは有能なトラさん(あっちもメダル掘り出したりブレーキかけたりできて有能ですよ!)

 

コミック演出は今回のテーマならではの演出でよかったです

バルカンが迫真の「!!」で笑った。彼のほうがよっぽど芸人に向いている

 

「ギャグが冴えてんな~」

笑いどころどこ?

 

イズちゃん、半暴走

或人の気持ちは理解できなかったイズちゃんですが、先代社長の理想が「情熱を持って仕事をしているすべての人を助ける」であることを受け、独断で石墨に質問したりヒューマギアの発注を中止する行動を取りました

滅亡迅雷.netに今にも狙われそうに思えるのですが、

イズちゃんの使命が「飛電インテリジェンスの社長の理想を叶えること」であるため、それを最優先に動いている

この説であれば、今のところはプログラム通りに動いているといえます

 

アルトじゃないと!を定期的にぶっこんでくるのほんまかわえ

 

滅亡迅雷.netの謎

滅くんの名前ほろびだったの!?めつじゃないの!?

公式にちゃんと滅(ほろび)って書いてあったわ!(公式読まないマン)

メツ&ジンのほうがゴロよくない?或人よりよっぽど芸人感でてるぜ!

あとメツのが変換しやすい(文字書き事情)

 

ラストシーン、「僕は滅はなんなの?」と問う迅。めんどくさい彼女か何か??

「いや、もっと大事な存在さ」朝から濃厚過ぎない?

「迅、お前は俺の息子だ」えーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

どう見ても同世代の2人ですが、実は親子関係だったようです

とはいえどう考えても普通ではないですし、自我を持ち始めたヒューマギアを見て滅が「お前の仲間だ」と迅に言っているので、迅は十中八九マギア(元ヒューマギア)でしょう

不思議なのは滅の存在です。12年前のデイブレイクですでに仮面ライダーしてましたし、声も変わってません。なんらかで不老になったか、彼もマギアであるという線が今のところ濃厚だと思います

 

次回、仮面ライダープリキュア

次回のゲストは美山加恋さんと伊瀬茉莉也さんです(美山加恋さんは今週声優ヒューマギアとして出演していました)

ご存じの方が多いと思いますがこの2人、プリキュア声優です!

美山加恋さんはキュアホイップ(キラキラ☆プリキュアアラモード)

伊瀬茉莉也さんはキュアレモネード(Yes!プリキュア5/Yes!プリキュア5 GoGo!)

をそれぞれ演じていらっしゃいました

 

私はシリーズの中でもプリキュア5が一番好きなので楽しみです!

一番好きなプリキュアはキュアドリームです

 

バルキリーの新フォームと迅の変身にも期待ですね!

 

 

 

 

 

記事が面白かったらクリックお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ