ぐるぽよどっとこむ

ゲーマー社会人の雑記帳です。いろいろ書きます。

陰キャのスポーツ奮闘記~高校編②~ 「TOP3の逸材」

スポンサーリンク

前回
www.gurupoyo.com

 

高校で不本意ながら再びバレー部で活動するよぐると

しかしそこは現代でありながら昭和の文化に侵された異教徒の巣窟であった・・・

よぐると、部活やめるってよ

 

運動という、義務

すべての生徒に平等に与えられるスポーツとのふれあい、そう体育

私も不良ではなかったので毎回授業に参加していたし、なんなら楽しんで動いていたくらいだ。体育レベルならゴリラが渾身のスパイクを打ったりしないし精神的にも快適だ!

 

たまのドッジボールではもちろんイキっていた。かげぶんしん6積み・・・貴様に捉えられるかな・・・?(こぼれ球を外野パスしながら)

 

臨海学校で遠泳させられるので事前の泳力テストでランク分けした。結果はもちろん最底辺のCだった。正直50m泳ぎ切ったからBくらいはいけると思ってた。おかしい・・・こんなはずでは・・・

 

安西先生!!!

バスケ!!!!

f:id:gurupoyo:20191010195912p:plain

をすることになった

 

バスケといえば高身長が有利なスポーツだ。なぜならゴールが高所にあるしボールパスも手足が長ければ妨害しやすくなるからだ

幸いにも私の身長は隣のクラスと合同で比較しても上から2人目。この有利条件で活躍できないポンコツがいようか。いやいない

 

謎の自信を抱えて意気揚々とバスケを始める陰キャ。しかしそれも束の間、なんとコートを縦横無尽に飛び回るボールに追いつけないではないか

陰キャの50m走のタイムは9秒超え。どう見ても鈍足です本当にありがとうございました。トリックルームを覚えたい人生だった。ちょっとバリヤードさあ・・・タマゴ作らない・・・?(グロ)

 

f:id:gurupoyo:20191010200058j:plain

名探偵ピカチュウ 通常版 Blu-ray&DVD セット【Blu-ray】 [ ライアン・レイノルズ ]

 

だが素早さ種族値30(カビゴン)の陰キャでも活躍できるチャンスがあった。そう、ゴール後のスローインの存在だ

 

最大の見せ場

バスケットボールにおけるスローイン(Throw in)は、ボールポゼッション[1]が確定してデッドとなったボールをライブに戻し、ゲームを再開するための手段の一つで、アウト・オブ・バウンズからインバウンズにボールをパスすることによって行われる。ポゼッションが確定していない場合のゲーム再開の手段としては、ジャンプボールがある。

通常のフリースローの最終投や、フィールドゴールが成功し,得点が入った場合に、ゲームを再開するために、相手チームが、エンドライン外のアウトオブバウンズから、インバウンズへパスをおこなうこと。

出展:スローイン (バスケットボール) - Wikipedia

 

そう、スローインはボールがどこからくるのかが明確なのだ!!!

ゴール下の相手選手に目を凝らす。目標をセンターに入れてスイッチ。よぐるとはこのゆびとまれを使った!よぐるとは注目の的になった!ボールが本当にこっち向かってきた!

このゆびとまれ - ポケモンWiki

これならジャンプすればキャッチできる高さだ!よぐるとはすかさずジャンプした!!

 

f:id:gurupoyo:20191010204904j:plain

 

f:id:gurupoyo:20191010204907j:plain

 

f:id:gurupoyo:20191010204910j:plain

 

事 故 っ た

 

ヤバい。全体重をかけた渾身の捻挫。ヤバい。ヤバすぎる。ヤバすぎて笑い出た。( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

その場にいた全員がこっちに集まってくる。なんだお前ら見世物じゃねーぞ!!「だ、だいじょうぶ??(ドン引き)」ありがとう( ;∀;)

おかしさとむなしさと今までに感じたことのない痛みでたぶんすっげえカオスな表情してた。たかがジャンプの着地に失敗して大怪我するやつとかおる??わ た し で す

とにかく一刻も早くどげんかせんといかんと思って保健室に向かった。向かえなかった。歩けなくてワロタwwwwwwwwwww(真顔)

 

「ほら、乗れよ・・・」背中を差し出したのは柔道部の照美ちゃんだった。照美ちゃんタクシーに乗車し私は保健室へドナドナされた。照美ちゃんは私より身長が10cm小さかった。なんて滑稽なんだろうか・・・

 

奮闘の甲斐あって最大の見せ場どころか最大の見世物をご提供した陰キャ。この時ほど場を支配した瞬間があっただろうか・・・

 

「今まで見た中でもTOP3の逸材です」

柔道部タクシーで保健室へダイナミック入場する陰キャ

早速靴下を脱ぎ足首とご対面した。そこにはアンパンマンの鼻とも言える圧倒的膨張感。先生ドン引きしてた。陰キャもドン引きした。こんなん絶対折れてるわ!!ついに私にも骨折デビューかーー!!激熱

 

こりゃ病院案件だと今度は先生の車でドナドナタクシー、整形外科へ直行するのだった

 

早速足元のアンパンマンの鼻を披露する陰キャ。あーそのお医者さんの顔!!何回も見た!!引くよな!!!わかる

 

「捻挫ですね」え?なんて?

 

「 捻 挫 で す ね 」

 

捻挫。私の知ってる捻挫と違う。いや、私が捻挫を理解した気になっていた・・・?

 

「僕が今まで見た中でもTOP3の逸材です。ここまでひどい捻挫はなかなかいない。骨折のほうがマシなくらいだ」

 

頭の中の骨折>>>>>>>>捻挫の危険度法則が崩れ去った。今私は歴史的瞬間に立ち会っている。そんな気がしてならないのだ

 

陰キャはこの後1ヵ月松葉杖をつき完治するまで3ヵ月病院に通い続けた

松葉杖の非日常感は最高だった

 

おわりに

とにかくスポーツにまつわる思い出を書いていった結果3記事になりました

大したオチもないけど読んでくれてありがとね!

ジャンプするときはまじで気をつけろ

 

 

 

記事が面白かったらクリックお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ